« 【文章を書く】で思うこと | トップページ | 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 2 »

2008年4月26日 (土)

大阪弁:『貧乏』即ち『ピィピィ』

羽振りの良い人に、目上の者か同じ位の位置に居る人から一声掛けるとしたら、「えらい景気よさそうやな」という事もあり得る。

本当に景気がよければ、「お蔭さんで」とか、「まぁ、ボチボチで」と答える。
けれど『そんな事ない、ない』と、相手の言葉を否定したいときは、「ピィピィですがな」と言いながら、困った顔か苦笑いをする。

ピィピィとは、大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社学術文庫によると、【<名詞>貧乏でどうにもならぬさま】とある。

物書きで在阪での仕事の経験がある人なら、関西の原稿料の安さは知っている。
だが、他の業種の人となると、そんな事は全く知らないのは当然だ。
たまに「よぉけもろてんのとちゃうの?」と言われることがあるが、そんな折こそ、「よぉゆうわ。ピィピィやて、ほんまに」と即行で答える。

|

« 【文章を書く】で思うこと | トップページ | 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 2 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:『貧乏』即ち『ピィピィ』:

« 【文章を書く】で思うこと | トップページ | 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 2 »