« 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 1 | トップページ | 大阪弁:『今の間に(いまのまに)』 »

2008年4月20日 (日)

どこぞのママ

昨夜は、文章教室の宴席があった。
体型をカバーすることも出来るので、着物で出かけた。
受講生の男性から、「先生を初めて見たとき、新地のママでよぉ似た雰囲気の人がいてて、その女性(ひと)の事を思い出しましたわ」と言われた。

着物を着て宴席に行くと、時々、「店、どこ?」と聞かれる事がある。
京都でそのように尋ねられたら、「大阪ですねん。小さな店でっさかい」と言葉を濁してその場を離れる。
大阪で、「あんた、どこで店やってんのや?」と問われると、「京都で……」と遠慮がちに答えて、これもまたその場を離れる。

水商売の経験はないが、「どこぞのママ」と思い込まれることは多い。
だが実際には、ママ業をしている女性から、「あんたは正直すぎて、この道に向けへんわ」と笑われたことがある。

|

« 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 1 | トップページ | 大阪弁:『今の間に(いまのまに)』 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこぞのママ:

« 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 1 | トップページ | 大阪弁:『今の間に(いまのまに)』 »