« 大阪弁:『今の間に(いまのまに)』 | トップページ | いじましい真似しぃなや »

2008年4月22日 (火)

貧乏ゆすり(びんぼゆすり)

大阪弁では、長音がカットされる事が多い。
例えば、学校は、「がっこ」と言わず、「がっこ」と言う。
貧乏ゆすりも、「びんぼゆすり」ではなく、「びんぼゆすり」と発音する。

『久しぶりに見たわ』と、大阪 環状線の車中で、びんぼゆすりをする男性を見掛けた。
ガッシリとした体に濃紺のブレザーを着て、一見“頼りがいのありそな人”の印象を与える。
『あのびんぼゆすりがなかったらの話やけど』
離れた席に座る私は、この男性の様子を見て思った。

一瞬止まったが、また始まるびんぼゆすり。
『自分では判ってないんやろか……』と、男性の顔に目線を移した。
イライラしているようにも、何かを考えているようにも見えたが、『案外、なーんにも考えてなかったりして』とも思う。
幾つかの駅が過ぎて、男性はびんぼゆすりを止めたかと思うと、席を立ち、下車していった。

|

« 大阪弁:『今の間に(いまのまに)』 | トップページ | いじましい真似しぃなや »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏ゆすり(びんぼゆすり):

« 大阪弁:『今の間に(いまのまに)』 | トップページ | いじましい真似しぃなや »