« 貧乏ゆすり(びんぼゆすり) | トップページ | 『入れ込む』 → 『見果てぬ夢』へ »

2008年4月23日 (水)

いじましい真似しぃなや

『いじましい』という大阪弁も、「長いこと、聞けへんなぁ」と思った。
意味は、『意地汚い』や『けち』というもので、「○さんゆうたら、ほんまいじましいやっちゃで」と言われたら、この“○さん”に対して、周囲は相当いらいらしている。

明治生まれの祖母は、注意の際に『いじましい』という言葉を使った。
「外行て(そといて)、いじましい真似しぃなや」
この場合は、「意地の悪いことをするな」の注意だ。
「お金は、きれいに使うもんやで。いじましいしてたら、人も寄ってけぇへんようになる」
こちらは、「けちくさいことばかりしていたら、人から好かれることもない」と、諭す気持ちで言っている。

自分の懐ばかり肥やす人が多い世の中。
すぐに、『いじましい』が当てはまる数人の顔が浮かんでくるのも哀しい。

|

« 貧乏ゆすり(びんぼゆすり) | トップページ | 『入れ込む』 → 『見果てぬ夢』へ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじましい真似しぃなや:

« 貧乏ゆすり(びんぼゆすり) | トップページ | 『入れ込む』 → 『見果てぬ夢』へ »