« 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 2 | トップページ | けぶたい<うっとしい »

2008年4月27日 (日)

大阪商家の店の向き

目から鱗のお話。

「今の大阪の店舗は、南北に延びる道路に向かって店を構えているでしょ。大阪の商家はね、元々は東西に延びる道に面して、商売をしていたのよ」
昨夜、放送作家協会の会員 林 禧男先生に教えて貰った。
上手い具合に、話を伺ったのは、眼下に御堂筋が広がるビルの上階。
「ほら、この下、見てご覧なさい」
「ほんまや」
ヴィトンにカルティエ、オメガにアルマーニ、御堂筋を挟んでダンヒルやベネトンがある。
「この先の道修町ね。あの辺り」と言われて、思い出したのが、旧小西家住宅だった。
大阪市中央区道修町にある旧小西儀助商店は、国指定重要文化財になっている。明治36年(1903年)に建築された建物だ。
「先生、あぁ、そや、そや。ほんまですね」
南北に走る堺筋側に店構えを向けているのではなく、建物の正面は東西に走る道の方だ。
「ねっ。元々は東西に面していたの」と、林先生の言葉に頷いた。
納得のお話を、有難うございました。

|

« 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 2 | トップページ | けぶたい<うっとしい »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪商家の店の向き:

» ロレックス等時計高価買取ならロレックス等時計高価買取情報NAVI [ロレックス等時計高価買取ならロレックス等時計高価買取情報NAVI]
ロレックス等時計高価買取ならロレックス等時計高価買取情報NAVIにお任せください [続きを読む]

受信: 2008年5月 8日 (木) 16時48分

« 「オトン・オカン」と「お父さん・お母さん」 2 | トップページ | けぶたい<うっとしい »