« はんなりな人(華なりな人) | トップページ | 生きている辞書 »

2008年3月16日 (日)

WATERMANのボールペン

私の手は小さく、筆圧もそう強くない。
丁度良い書き心地を与えてくれるペンに出会うのは、実のところ難しい。
一時、WATERMANのボールペンを愛用していたが、今は使っていた物と同じデザインがない。
生産中止になったそのボールペンが、とても手に馴染んで使いやすかった。

随分以前に、新しいデザインに切り替わると知り、使っていた物と同じ物を探して歩いた。
数軒回って、最後に行ったデパートの文具売り場で、同じボールペンを見つけ、「このボールペン、あるだけ下さい」と告げた。

若い世代なら、この言葉も『全部』というのだろう。
『あるだけ(有る丈)』とは、『全て』ということだ。

探し疲れてもいたし、欲しい思いも募っていた。
『やっと見つけた! これを逃してなるものか』と、きっと必死な顔で告げたのだと思う。
「あるだけと言っても、2本しか残っていないんですよ」
宥めるように、女性の店員さんは言った。

今も、この時に買ったボールペンは大事に使っている。

|

« はんなりな人(華なりな人) | トップページ | 生きている辞書 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WATERMANのボールペン:

« はんなりな人(華なりな人) | トップページ | 生きている辞書 »