« 長寿とおついさん(お味噌汁) | トップページ | はんなりな人(華なりな人) »

2008年3月15日 (土)

はんなり(華なり)とは縁遠き人

銀行の窓口で、行員の女性と話していると、突然、仕切りで区切られた隣席でおばちゃんの声がした。
「うちな、あんたとこの銀行嫌いやさかい!」
聞くつもりはないが、喚くように喋るおばちゃんの声が響き、内容は筒抜けだ。
「今日かてな、金、預けに来たんや。わざわざ、来たんやで、ほんまに」
ここは嫌いな銀行と言っておきながら、お金を預けにやってきて、訳の判らない問答が続いた。
「そちらのカードは当行の物ではありませんね」と、静かな口調の男性行員の声がした。

やっと合点がいった。
おばちゃんは、何か別のカードをATMに差し込み、入金が出来ないと喚いていたようだ。
「ここはな、嫌いな銀行やねん! ○○支店って、どこにあるん? なっ」と尋ねながら、おばちゃんは無事入金を済ませたようだ。
最初から最後まで、周囲に遠慮も配慮もない大きな声だった。
『どこ行っても、あんな感じなんやろか? はんなりとは縁遠き人やなぁ……』と、その姿を見て感じた。

|

« 長寿とおついさん(お味噌汁) | トップページ | はんなりな人(華なりな人) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はんなり(華なり)とは縁遠き人:

« 長寿とおついさん(お味噌汁) | トップページ | はんなりな人(華なりな人) »