« 切れもんとユーモアのセンス | トップページ | ないねん、ないねんで、やんぺの話 »

2008年2月14日 (木)

今で言うused:大阪弁の『せこ』

ネットオークションはよく利用する。
used商品でも、オークションで競り合って、手に入れることもある。

このused(ユーズド)という言葉も、今は随分と一般的になった。
中古品やお古などとは、娘達の使っている話し言葉の中にもない。
「ましてや、この子ぉら、“せこ”なんて大阪弁、聞いたこともないやろな」と思った。

明治生まれの祖父は、「せこ」と言っていた。
昭和1桁生まれの父は、「せこはん」とも言っていた。
例えば、
「松はん、えらいええ車こうてんな。(松尾さん、すごく良い自動車を買ったのですね)」
「ハハハ。この車せこやけど、なんぼも走ってへんので、調子ええわ」
と、こんな会話の時に使っていた。

|

« 切れもんとユーモアのセンス | トップページ | ないねん、ないねんで、やんぺの話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

セコハンは「second hand」で英語だと言う説も。

投稿: とおりすがり | 2008年2月23日 (土) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今で言うused:大阪弁の『せこ』:

« 切れもんとユーモアのセンス | トップページ | ないねん、ないねんで、やんぺの話 »