« ご縁を賜って、おおきに、おおきに | トップページ | 大阪弁:「笑われるで」と「わろとくなはれ」 »

2008年2月20日 (水)

『源氏物語』:愛された誇り

仕事の関係で、『源氏物語』を読み直す必要があった。
最初に読んだ時は、「源氏の君って、こんな姿形やろか?」と、取っ替え引っ替え、好きなタイプの顔をすげ替えてはみたものの、決定打はなかった。
その後、「紫の上なら……」と試みてみたが、ピンとくるものはなかった。

結局、今でもこの二人の容姿は霞がかかったままだ。
「それでもかめへん(よい)」と思う。

ただ、女性は、この物語の中に出てくる女人に、憧れを抱く人は少ないかもしれない。
「そやかて、源氏の君に振り回されて、泣く場面が多いのやもん」と感じる。
が、「悩んだ分と、愛された誇りと天秤にかけたら、愛された誇りの方が重かったんとちゃうかな」とも考える。
「“かの君に愛された”を支えに生きた女性達」とそんな言葉が出るのも、年を取ったお蔭かもしれない。

|

« ご縁を賜って、おおきに、おおきに | トップページ | 大阪弁:「笑われるで」と「わろとくなはれ」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『源氏物語』:愛された誇り:

« ご縁を賜って、おおきに、おおきに | トップページ | 大阪弁:「笑われるで」と「わろとくなはれ」 »