« 背に腹は替えられまへん | トップページ | 2000円の竹輪になってしもた! »

2008年2月24日 (日)

変わらぬ大阪弁の『を』抜け

「imamomukasimowonuke_no_osakaben.mp3」をダウンロード

今も昔も、大阪弁の助詞:『を』抜けが通じるのはなぜだろうか?
「のぉても判るのなら、省いてもええのとちゃうか」と考えているからのように思う。

|

« 背に腹は替えられまへん | トップページ | 2000円の竹輪になってしもた! »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わらぬ大阪弁の『を』抜け:

« 背に腹は替えられまへん | トップページ | 2000円の竹輪になってしもた! »