« ほん偶にある敵わん宴席 | トップページ | 『源氏物語』:愛された誇り »

2008年2月19日 (火)

ご縁を賜って、おおきに、おおきに

今まで、色んな所で講演をさせてもらってきた。
経済界のクラブや、女性センター、真言宗の信徒の会合、その他大学関係など、様々な所で、ポッドキャスティングで流している大阪弁のままで話をしてきた。
内容も、その時々、先方の会の趣旨に合わせて、「ほな、この話ならどないやろ」と考えて決める。

昨日は、京都市にあるMKタクシー 本社の社員研修の場で講演だった。
皆さん、頷いたり、笑ったりしながら、熱心に聴いて下さっているのが、壇上からはよく見える。
そんな時、話をしながら思う。
『まだ人生の半分程しか生きてきてないもん(者)の話を、こないして聴いてもろて』と、感謝は尽きない。
「こういうご縁を賜って、おおきに。有難うございました」
本心から出る言葉と共に、頭を下げて、会場を後にした。

|

« ほん偶にある敵わん宴席 | トップページ | 『源氏物語』:愛された誇り »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご縁を賜って、おおきに、おおきに:

« ほん偶にある敵わん宴席 | トップページ | 『源氏物語』:愛された誇り »