« さっぱりわやや | トップページ | 松竹座 “新春歌舞伎”を観た帰りに »

2008年1月 8日 (火)

豊かで便利になったはずやのに

スイッチを軽く押すだけで、すぐに温水が出る生活に慣れてしまった。
台所で食器を洗うのも、顔を洗うのも温水だ。
「ちべたい(冷たい)!」と思わず叫ぶこともない。

20代の娘達は停電も知らない。
電気の使用量が一時に増えて、家の中のブレイカーが落ちることはあっても、落雷があって停電したという経験はない。
断水も、マンションの貯水槽タンクの掃除で、「○時~○時まで、お水、出ぇへんねんて」とその程度でしか知らない。
幸せなことだと思う。

これほど豊かで、便利になったのに、荒れた社会になったのは「なんでやろ??」と首を捻る。
今年一年、どんな年になるのだろうか。
怒り心頭になるような出来事が、少しでも減るようにと祈っている。

|

« さっぱりわやや | トップページ | 松竹座 “新春歌舞伎”を観た帰りに »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊かで便利になったはずやのに:

« さっぱりわやや | トップページ | 松竹座 “新春歌舞伎”を観た帰りに »