« わや・さっぱりわやや 1 | トップページ | 自分的にはどうやねん »

2008年1月14日 (月)

成人式の振り袖と諸注意

次女の成人式。
髪は次女自身で結い上げて、振り袖は私が着せた。
草履は、さら(=新しい)は鼻緒擦れがするので、私が履き馴らした物にした。

着付け上がったら、「股、パーンと広げて、中の裾よけや長襦袢、着物の裾を一編ばらけるようにしてみ」と裾を割るように教えた。
歩き方もいつものように歩かないで、少しだけ内股気味に、バタバタと歩かない。
階段を昇るときは、褄を上げるようにして、裾を擦らない。
これらの事は、着物を着る度に言っているので、多少は記憶に残っているようだ。

その他に、「トイレに行くときは、振り袖の袖を括るとかして、扱いに気ぃつけや」と添えた。
20歳の娘が成る程というような顔をして頷くのも、この日ばかりは可愛いものだ。

|

« わや・さっぱりわやや 1 | トップページ | 自分的にはどうやねん »

ニュース」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人式の振り袖と諸注意:

» 振袖や浴衣など、着物の着付けについて [着物や浴衣の着付けの仕方]
結婚式でも神前婚が増えてきてますし、着物のブームがやってきているようです。 着付け教室に通っている人も多いようですね。 キモノは、もともと、わたしたち日本人の民俗衣装ですからね。 全員が着付けができてもおかしくはないと思いますが、徐々に着物を着る機会が減ってきて、着付けができる人が昔にくらべる...... [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 14時56分

« わや・さっぱりわやや 1 | トップページ | 自分的にはどうやねん »