« 犬の糞踏んで、にじくり、刮げ落す | トップページ | 大阪弁の師走の言葉:『節季』と『物入り』 »

2007年12月13日 (木)

『見掛け倒し』は信用できまへん

「そうですよね。ええ、ええ」と、ずっと同じ表情の笑みを保って頷く人。
聞いてもいないのに、やたらと自分の出来ることのみをアピールする人。
こういう人に出合うと、私は『お宅さんのこと、信用できまへん』となる。
決して声に出さないが、そう思っている。
そして即、“見掛け倒し”という見えない判子を、その人のデコチン(おでこ)にバンと押す。

“見掛け倒し”という言葉を、<大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社学術文庫>には、
"外見のみが立派で実は案外役に立たぬこと。
 ちょっと見はよくても内容や質、あるいは人物などが思いのほかよくない場合にいう。"
とあった。

「うちが、“見掛け倒し”の判押す人、ほんまにその通りやねん」
我が意を得たりの言葉である。

|

« 犬の糞踏んで、にじくり、刮げ落す | トップページ | 大阪弁の師走の言葉:『節季』と『物入り』 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『見掛け倒し』は信用できまへん:

« 犬の糞踏んで、にじくり、刮げ落す | トップページ | 大阪弁の師走の言葉:『節季』と『物入り』 »