« 体型変化に「なんや、どないしたんや?」 | トップページ | 地下道・地下街好きの大阪人 »

2007年12月 5日 (水)

大阪弁:「行く」のいてくる・いてこお

何気なく使っているが、「そないゆうたら、うちの子ぉでも使えへんようになってるわ」と思う言葉がある。

「郵便局までいてくるわ」
20代の娘達は、私のように「いてくる」とは言わない。
「行って来る」と言う。
「かいもんにいてこおかな」と言えば、「買い物に行って来ようかしら」ということだ。
この場合の「いてこお」も、娘達は使わない。

「成美、ちょっとそこまでいて来てんか。白い糸がのうなったんやがな。こうてきて(買って来て)」
こんな風に、祖母に用事を頼まれることもあった。
今なら「行って来て」と言うのだろう。
言葉は生き物だと感じるが、慣れ親しんだ言葉の変化に戸惑うことは多い。

|

« 体型変化に「なんや、どないしたんや?」 | トップページ | 地下道・地下街好きの大阪人 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:「行く」のいてくる・いてこお:

« 体型変化に「なんや、どないしたんや?」 | トップページ | 地下道・地下街好きの大阪人 »