« 『アイ・アム・レジェンド』観ましてん | トップページ | ビジネスマナー:プロフィール記載の気配り »

2007年12月24日 (月)

がさつなお人を見た時は

『がさつ』とは、大阪ことば事典:牧村史陽 編 講談社学術文庫にも<立居ふるまいのがさがさしていること。粗暴。ガサツキの略>とある。
その言葉が当てはまるような人に出会うと、『あら~、まぁ~、あぁぁ』と思ってしまう。

過日、回転寿司店で隣に座った20代の女性は、食事行為の全てががさつだった。
お皿を取ると、バンと音を立てて目の前に置き、多量のお醤油をネタの上に掛ける。
口中一杯のまま、目の前の空き皿を今までに食べて積み重ねている皿の上に“バン!”と、これもまた大きな音を立てて更に積む。
お皿を置くときも、コップを置くときも、バン、バンと、とにかく大きな音を立てる。

「そんながさつなこと! 一つ一つ、落ち着いてやってみぃな。慌てんでもええねんさかい」
普段なら丁寧に出来ていることが、いつもより手荒い動作や行いになったりすると、祖母からはこんな言葉で注意された。
『そういう人が、この子ぉには、いてへんかったんやろなぁ』
何だか哀しい気持ちのまま、この場を後にした。

|

« 『アイ・アム・レジェンド』観ましてん | トップページ | ビジネスマナー:プロフィール記載の気配り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がさつなお人を見た時は:

« 『アイ・アム・レジェンド』観ましてん | トップページ | ビジネスマナー:プロフィール記載の気配り »