« 理(りぃ)と利(りぃ) | トップページ | 大阪弁の最後を表す言葉:ベベタ・ドンケツ »

2007年11月26日 (月)

健康保険証性別誤り

私の名前は『松尾 成美』
『成美』は、「なるみ」・「しげみ」・「しげよし」などと読むことができる。
初めて会う人なら「読み方、迷いはるやろな」と思うので、氏名を記載する際には振り仮名も書く。

「しげよし」なら、男性名だ。
しかし、「しげみ」・「なるみ」は、男女のどちらでも通じる名前となる。
そのため、プロフィールの提出を求められた時は、“松尾成美(まつお なるみ) 2児の母”と、女性と判るように書く。

国民健康保険証の性別記載が"男"となっていたのに気付いたのは、20才の時だった。
急いで役所に行き、訂正して貰ったのを覚えている。
「あの、ここ、記載のとこですけど。うち、男やのうて、女です」と窓口で言うと、
「ご本人? はいはい」とすぐ訂正してくれた。
帰り道、「うちは20年間、男やったんや」と思うとおかしな気持ちがした。
もう、30年近くも前の話だ。

|

« 理(りぃ)と利(りぃ) | トップページ | 大阪弁の最後を表す言葉:ベベタ・ドンケツ »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康保険証性別誤り:

« 理(りぃ)と利(りぃ) | トップページ | 大阪弁の最後を表す言葉:ベベタ・ドンケツ »