« 人生、そないあもないで | トップページ | 埒あかん »

2007年11月18日 (日)

身だしなみ編:散ばら髪(さんばらがみ)

寝起きで、まだ髪も梳かないで祖母の前に出ると、「なんとまぁ、そんな散ばら髪(さんばらがみ)で」と言われた。
『髪は女の命』と、明治生まれの祖母は、自分で髪を黒く染め、きちんと結い上げていた。
出かける前には、必ず“髪結いさん(かみさん)”に行き、気分を一新。普段の生活から、「さぁ、行きまひょか」と外出モードに切り替えた。
その時の祖母の姿は、幼いながらも凛々しく見えた。

タレントのyouさんの髪形ような、『フワッとした髪』が流行の昨今だ。
最初にテレビで見たときから、「この髪形、おばあちゃんのゆうてた『散ばら髪』とおんなじやわ」と感じていた。

電車内で四六時中、髪に手をやる女の子は多い。
空気を含んだように髪を立ち上げようと懸命だ。
「時間掛けて、手間掛けて、ほんで散ばら髪を作るやなんて、えらい世の中やなぁ」と、祖母なら言うかも知れない。

|

« 人生、そないあもないで | トップページ | 埒あかん »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身だしなみ編:散ばら髪(さんばらがみ):

« 人生、そないあもないで | トップページ | 埒あかん »