« よぉ言わんわ | トップページ | 大阪弁の運が悪い・良い:まんの悪い・まん良う »

2007年11月 5日 (月)

毛髱(けたぼ)・髪文字(かもじ)はヘアピース

「オツムのテッペンのとこ、なんでそないなってんの?」
小さな頃、明治生まれの祖母に尋ねた記憶がある。

祖母はいつも正座で、あまり動くことがなかった。
幼い私が祖母の傍で立ち上がって、丁度見えるのが、その頭頂部だった。
「そら昔は、髪結うてたさかい。このテッペンのとこで、髪を束ねて、ほんで、中に毛髱(ケタボ:入れ毛)入れて、かっこのええように結い上げてもろて。おんなじとこで、きつう縛ってたさかい、ここは薄なってしもた」

お正月になると祖母の通っていた美容院で、髪を結ってもらった。
美容院のことも、祖母はずっと「かみさん(髪結いさん)」と呼んでいた。
結い上がる孫の黒髪を見ながら、「この子ぉは髪が多いよって、毛髱もいらんわなぁ」と言えば、
「昔は、日本髪というたら、髪文字(カモジ:入れ毛)をこの辺りに入れたもんですけど」と美容師さんは手を動かしながら答えた。
「できましたで。べっぴんさんやわ」
そう声を掛けて貰って、最後にスプレーを一吹きし、「桃割れみたいに今年はさしてもらいました」と髪形の説明があった。

|

« よぉ言わんわ | トップページ | 大阪弁の運が悪い・良い:まんの悪い・まん良う »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛髱(けたぼ)・髪文字(かもじ)はヘアピース:

« よぉ言わんわ | トップページ | 大阪弁の運が悪い・良い:まんの悪い・まん良う »