« 妻を亡くした見知らぬお人 | トップページ | 行楽日和:電車内カップル様々 »

2007年11月23日 (金)

アレルギー増加傾向

小さな頃から、蕁麻疹には慣れていた。
顔が真っ平らになる程出ることも、帯状にも、牡丹の花が咲いたように出ることもあった。
かかりつけの小児科の医師も、「何食べた?」と先ず問うてくれるのだが、背の青い魚や卵を食べた後に出た物ではなかった。
40数年前、その原因は判らなかった。
今でも、原因不明はそのままで、ごくたまに蕁麻疹が出る。

蕁麻疹ではないが、季節の変わり目は、体中が痒い。
49才になって、以前よりも「なんでやろ? 食べたらえらい喉がかい(痒い)ねん」と感じる物が増えている。
果物ではキーウィが一番ひどい。
野菜でも、春菊や茄子、牛蒡と、アクの強い物に若干アレルギー反応が出る。

加齢と共にアレルギー反応を起こす食べ物が増えていく。
「これで食欲が落ちて、痩せたらええのに」というのは全く無駄な考えで、体重は増加の一途を辿っている。

|

« 妻を亡くした見知らぬお人 | トップページ | 行楽日和:電車内カップル様々 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー増加傾向:

» にきびに石鹸の効果 [にきびを治療しよう]
 福岡市の化粧品メーカーのクレイツと和歌山県北山村が、特産のかんきつ、「ジャバラ」を原料としたせっけん(太陽のしずく)を共同で開発しました。 このジャバラというのは、アレルギー抑制に効果があるようで、このおかげでにきびや吹き出物、乾燥肌の人たちに非常に...... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 16時47分

« 妻を亡くした見知らぬお人 | トップページ | 行楽日和:電車内カップル様々 »