« 献血デート | トップページ | 緊張を表す大阪弁:「しゃちこばる(鯱鉾張る)」 »

2007年10月26日 (金)

大阪弁の“醤油”の発音

醤油の事を、「しょい取ってくれ」と、明治生まれの祖父は「しょい」と発音していた。
祖母は「おしょい」、または「おしょゆう」と両方使っていた。
私は、「おしょゆう」と今も呼ぶ。
20代の娘達も、それに習って「おしょうゆ」ではなく、大阪弁のアクセントで「おしょゆう」と言っている。

ところが、娘達の周囲では、「しょうゆ」と発音すると言う。
「“お”もつけへんの?」と驚いた。
「そうや。しょうゆで、しょうゆうとはちゃう(違う)」と答えた。
「へぇ~」と声を上げる私を尻目に、「そんなこと、どっちでもええんやけど」と娘達は、実にあっさりと言った。
『どっちでもええねんや』と、何だか寂しくなった。
少し間があって、『まっ、そんなもんかもしれへんわ』と納得し、「しょぉないわ(仕方がない)」と呟いていた。

|

« 献血デート | トップページ | 緊張を表す大阪弁:「しゃちこばる(鯱鉾張る)」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
大阪弁を検索していてたどり着きました
懐かしい大阪弁の数々
もう今では聞くことも少なくなった 吉本言葉でない本当の大阪弁
いいですね

私も 何にでも おをつけていますね
おしょゆうといっていましたね
でも いまは おしょうゆというようになっています
これは 若いころ 料理関連の仕事に付いていて そのとき人前で話す必要から 徹底的に大阪言葉 直されました
かしわでなく鶏肉という具合ですね

父は お漬物は 何でもおこうこ 汁物はおつゆでした
「そこのおてしょうとってんか そいで おしょゆうも」ってよくいってました

ところで 初めてなのにあつかましくお尋ねしたいことがあるのです

いま 友人が 昔 聞いた言葉として 「シャーな人」という言い回し このシャーはどこから出てきた言葉だろうかといって 調べています
私の母も使っていた言葉です

何か思い当たることがありましたらお教えいただけませんか

ながながと 失礼いたしました

投稿: TOSSY | 2007年10月26日 (金) 15時00分

ご質問の「シャーな人」という言葉、生憎、私は聞いたことがございません。
どういう様子、または状態の人を指す時に使うのでしょうか?
お教え頂けたら幸いです。

投稿: 松尾成美 | 2007年10月26日 (金) 22時47分

シャーな という言葉 ご存じないですか

母も良く使っていましたが すっきりとした感じのいい人に使っていたように思います
スマートと 同じような意味でしょうか
「あの人は シャーやなぁ」という風に使っていました

父が使っていた記憶は無いので 女言葉だったのかも・・

神戸女学院の生徒が良く使っていたとも聞いていますが 母は大阪市内育ちでした

投稿: TOSSY | 2007年10月27日 (土) 11時34分

お待たせ致しました。
『シャーな』の回答編、本日(10/28)のブログに書かせて頂きました。

書いている内に、うちの父の「もっとシャーとしたもん(=粋な・洒落た)、なんで選んでけぇへんのや」の声が蘇って参りました。

ポットキャストで対談している竹内志朗先生に伺ったお話からも、「シャーな」の語源は、「洒落た(しゃれた)」からだと考えます。

投稿: 松尾成美 | 2007年10月28日 (日) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁の“醤油”の発音:

« 献血デート | トップページ | 緊張を表す大阪弁:「しゃちこばる(鯱鉾張る)」 »