« ゆうたった・ゆうたぁった 2 | トップページ | “生病老死”とゆうけれど »

2007年10月15日 (月)

あむない話:そんなことしたらあかんやろ、亀田君

自動ドアに向かって幼児がトコトコ歩いて行くのを見て、「あむない!」と叫んだ。
ほんの1m程離れて立っていたお母さんが、サッと幼児を押さえた。
「あぁ、良かった」と言うと、若いお母さんは、軽くこちらを見て頭を下げた。

『危ない!』とヒヤッとする光景には、外を歩いているとよく出遭う。
そのたびに「あない」でなく、「あない」と発する。
20代の娘達の発音を注意して聞いてみると、「あない」と言っている。
「あれ? あむない? あぶない? えっ??」
“大阪ことば事典 牧村史陽 編  講談社学術文庫”には、『アムナイ【危ない】 あぶないの段訛。(中略)バ行とマ行(共に、両方の唇で発する音)の転訛であるが』とあった。

不満爆発の内藤VS亀田の試合のTV観戦の際も、反則行為の度に「あむない、あむない!」と叫び、「そんなことしたらあかんやろ、亀田君」と言っていた。

|

« ゆうたった・ゆうたぁった 2 | トップページ | “生病老死”とゆうけれど »

スポーツ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あむない話:そんなことしたらあかんやろ、亀田君:

« ゆうたった・ゆうたぁった 2 | トップページ | “生病老死”とゆうけれど »