« のうなって(亡くなって)しもたら、ええ人やとゆうけれど | トップページ | 猛暑日に汗ずっくり »

2007年9月22日 (土)

なんと、躾の行き届いた子ぉらやろ

ビッグカメラで買い物をして、外に出た途端、ムッとする暑さに辟易した。
黒い鍔広帽子を被り、サングラスをかけ、数歩進んだ所で、突然スックと目の前に男性が現れた。
帽子の鍔(つば)が邪魔をして、相手の全体像が判らない。
ゆっくりと顔を上げ、相手の方を見ると、20手前の男の子達が3人立っていた。

中の一人が、頭を下げてから、「ケンロク、スシハ、ドコデスカ?」と問うてきた。
「ケンロク、スシ? あぁ、元禄寿司」と言うと、3人共に頷いている。
               (注:1)
「ほら、そこ。あそこやねんけど」と指さしたが、人が多くて、看板が見え難い。
「一緒に行こか」と答えて、店先まで案内した。
数メートル歩くわずかな時間に、彼らが韓国から初めてやってきたことを知った。

別れ際、両手を脇に揃えて、深々と夫々が挨拶してくれた。
『なんとまぁ、躾の行き届いた子ぉらやろ。こんな丁寧なお辞儀、してもろたことないわ』
今までにない感激を与えてくれた3人組だった。

(注:1)元禄寿司;大阪市内にある回転寿司店

|

« のうなって(亡くなって)しもたら、ええ人やとゆうけれど | トップページ | 猛暑日に汗ずっくり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんと、躾の行き届いた子ぉらやろ:

« のうなって(亡くなって)しもたら、ええ人やとゆうけれど | トップページ | 猛暑日に汗ずっくり »