« 大阪弁の挨拶の言葉色々 | トップページ | 消えゆく大阪弁の副詞:なんなと・なんぼなと・なんやったら »

2007年9月 4日 (火)

『派手』の対局にある『こぉと』

大阪の繁華街は、梅田(=大阪)を中心とするキタと、難波・心斎橋を中心とするミナミの2ヶ所が有名だ。
そこに集まる人達のファッション感覚は、キタとミナミで異なる。
“洗練されたキタ”と“ど派手なミナミ”。
「それって、どんな感じなの?」と東京の知人達に問われると、「とにかく、一編見てみ(見てごらん)」と答えている。

彼らが来阪して驚くのは、やはりミナミで行き交う人達のファッションだ。
「若い子よりも、中高年の女性が、結構派手なんだね」と驚き、
「豹柄に豹柄は、当たり前って聞いたことあったけど、こういうのかぁ」と納得していた。

『派手』の対局にある大阪弁は、『こぉと』
『こぉと』とは、渋い・地味でいながら上品な趣味を言う。
こぉとな装いが出来る人は、かなり洗練されたセンスを持っている。
「なかなか、そういう人には出会えへんわ」が実情だ。

|

« 大阪弁の挨拶の言葉色々 | トップページ | 消えゆく大阪弁の副詞:なんなと・なんぼなと・なんやったら »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

nonspeculative hippocampi flaunter antiracer limekiln cremaster transitional bannister
Columbia Sailing Club
http://www.aikidokidojo.com.au

トリビアな大阪弁

投稿: Donnie Pierce | 2007年10月21日 (日) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『派手』の対局にある『こぉと』:

« 大阪弁の挨拶の言葉色々 | トップページ | 消えゆく大阪弁の副詞:なんなと・なんぼなと・なんやったら »