« 企画書を書いてなんぼの物書き業 | トップページ | あいそ(愛想)なしの食卓:女性同士編 »

2007年8月15日 (水)

あぁ、勿体ない

家庭用コピー機の調子が悪いと思っていたが、「カートリッジの交換時期や」と気付くまで一週間もかかった。
「ほんまに、お粗末なオツムやわ」と我ながら呆れる。
「カートリージさえ取り替えたら、コピー、また出来るわ。よう働いてくれるなぁ」と、改めて四角いコピー機を見た。

取り替えカートリージを買いに行くと、一軒目では「取り寄せになります」と言われ、驚いた。
『あれ?いつ替えたか忘れたけど、前は、他の機種の在庫もあったように思う』
すっかり家庭用コピー機に関するものが、店内からなくなっていた。
家電量販店に行き、「家庭用コピー機はありますやろか?」と尋ねると、あるにはあったが、展示物は僅かな台数だった。
今は、コピー・スキャン等の機能がついたプリンタが主だった。
「取り替えカートリージが、1万円ほど!!」にびっくりし、結局、新しいプリンタを買った。
使えるのに勿体ないが、誰も不要で、家庭用コピー機は粗大ゴミになった。

粗大ゴミの収集番号“え-3○○”が、このコピー機の最後の名前だ。
「物を粗末にしたらあかん」と言いながら、「あ~ぁ」と溜息がもれる。
部屋の片隅にある収集番号を貼り付けられたコピー機が、哀れでならない。

|

« 企画書を書いてなんぼの物書き業 | トップページ | あいそ(愛想)なしの食卓:女性同士編 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あぁ、勿体ない:

« 企画書を書いてなんぼの物書き業 | トップページ | あいそ(愛想)なしの食卓:女性同士編 »