« 『見て、見てぇな!』のおっちゃん | トップページ | ビジネスマナー「留守番電話」編 »

2007年8月 9日 (木)

あいそ(愛想)なしの食卓:外孫とおじいちゃん編

外で昼食をとった。
初めて入ったおそばやさんで、斜め前に座ろうとする14.5才の男の子とおじいちゃんの光景が気になった。
「そっち、座り。おじいちゃんはこっちに座る」と言って、汗を拭いながら腰を下ろした。
席に着いたものの、男の子は、一向に向き合って座る祖父の顔を見ようとしない。
おじいちゃんは「学校は?」とか、孫の住む町内の知り得る限りの情報を持ち出して話しかけていた。
「阿波踊りは?」と問いかけたので、『この男の子は外孫で、徳島からやってきたんや」と気がついた。
男の子の脇には大振りの鞄があり、中から新品のゲームCDを何枚も出しては眺め、また中にしまった。

おじいちゃんはグラスビールを注文し、男の子にはウーロン茶を勧めた。
「さっ、暑いとこ、ご苦労さんやった」とおじいちゃんが乾杯とグラスを孫に寄せてきたので、男の子は「あっ、どうも」とでもいう風にぎこちない仕草で、グラスを合わせた。
食べている間も、全く会話は弾まない。
男の子は早く食べ終えて、真新しいゲームをしたくて堪らないようだった。
食事の間も、鞄の中ばかり気にしている。

帰宅後、このおじいちゃんは家人に何と話すのだろう。
「孫を連れて、先ず○○で買い物したやろ、その次に○○に回って、ほんで、昼にそばやに入って……」と嬉々として喋るのだろうか?
私には切ない光景だった。

|

« 『見て、見てぇな!』のおっちゃん | トップページ | ビジネスマナー「留守番電話」編 »

ゲーム」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいそ(愛想)なしの食卓:外孫とおじいちゃん編:

« 『見て、見てぇな!』のおっちゃん | トップページ | ビジネスマナー「留守番電話」編 »