« あきまへん・さっぱりワヤや・あかん、あかん | トップページ | 大切な友人達 »

2007年7月18日 (水)

消えた『さよか』・『さよさよ』

『さよか』という言葉も、滅多に聞かなくなった。
「そうですか」と言っているが、同意か、疑問か、これだけでは曖昧で、前後の話の流れを掴まないとよく判らない。

例えば、こんな会話。
「2軒先の山田はん、来月、岡山へ転勤らしいで」
「さよか」
「さよか」と喋った主が、「そうなんですか?」とも「そうですってね」ともとれる。
不思議な言葉だが、「さよか」一つで話は滞りなく進んでいく。

もっと聞かなくなったのは『さよさよ』という感動詞。
「そうそう」と、祖父母達は相槌を打つ時に使っていた。
『さよか』も『さよさよ』も、日常会話からは消えてしまった。

|

« あきまへん・さっぱりワヤや・あかん、あかん | トップページ | 大切な友人達 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えた『さよか』・『さよさよ』:

« あきまへん・さっぱりワヤや・あかん、あかん | トップページ | 大切な友人達 »