« まったり | トップページ | あきまへん・さっぱりワヤや・あかん、あかん »

2007年7月16日 (月)

蝉の羽化をてったう(手伝う)

大阪弁では『手伝う』は、「てったう」と言う。

人通りの多い夜道を歩いていたら、道路脇をトロトロ進む“虫”を見つけた。
「何やろ?」と近づいて、屈んで見ると、これから羽化をしようとする“蝉の幼虫”だった。
歩道を横切って車道側の植え込みまで行き、そこにある木に登って羽化するつもりだろう。
懸命に前に進む姿がいじらしかった。
「長いこと土ん中でいてはったんやろ。ほんで、今日、外に出てきたんかいな。まぁ、それはそれは」としゃがんだまま声をかけた。

しかし、この辺りは自転車も通る。
このスピードでは、無事に植え込みまで行き着く可能性は少ない。
「このまま歩いて行ったら危ないよってに、うち、てったうわ(手伝うわ)」
蝉の幼虫を手に乗せて移動し、植え込みの木の幹に置いた。
「頑張りや」と言ってその場を立ち去った。

|

« まったり | トップページ | あきまへん・さっぱりワヤや・あかん、あかん »

ペット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝉の羽化をてったう(手伝う):

« まったり | トップページ | あきまへん・さっぱりワヤや・あかん、あかん »