« ぬくぬく | トップページ | 駄菓子屋と当てもん »

2007年5月 6日 (日)

あんた・あんたとこ・あんさん

「あんた(貴方)が、この前ゆうてた(話していた)店、一遍連れて行って欲しいねんけど」
「あんたとこ、お夕飯、何時?」
今でも日常的につい出てしまう『あんた』は、目上の人には決して使わない。
私は、近所のごく親しい友人や、妹、娘に話すときに使う。
ところが、外で耳にする『あんた』は語調がきつく、ギョッとする。
アクセントの置く音が違う。“た”の音が強すぎるので、「やめて」とさえ思う。
可愛がって貰った明治の船場生まれのおばあちゃんは、『あんた』は一切使わず、『あんさん』と言っていた。あの優しい響きを再現できる人は、今周囲を見回してもいない。

|

« ぬくぬく | トップページ | 駄菓子屋と当てもん »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あんた・あんたとこ・あんさん:

« ぬくぬく | トップページ | 駄菓子屋と当てもん »