« 元は婦人語の「やんか」 | トップページ | 『博士の愛した数式』 »

2007年5月20日 (日)

のく・のいて・どいて

「noku_no_hanashi_mp3.mp3」をダウンロード

「のく」は、「しりぞく(退く)」ともちょっと違う。
例えば、「そこ、のくか?」=「そこ、動かへんか?」と相手に、やんわりとたんねる(尋ねる)時に使う。
「のいてぇな」と使う時も、言いようで、相手に対して伝わり方は随分と変わる。
しかし、「どいて」と言葉をかける時の気持ちとは、全く異なる。
「どいて」には、「そこ、邪魔」の気持ちが入ったきつい言葉だから。
近頃は、優しさのある「のいて」がなくなり、街中では、自分勝手な「どいて」の言葉が多く使われている。

|

« 元は婦人語の「やんか」 | トップページ | 『博士の愛した数式』 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のく・のいて・どいて:

« 元は婦人語の「やんか」 | トップページ | 『博士の愛した数式』 »