« 突っ張り | トップページ | 見てしもた、聞いてしもた »

2007年5月30日 (水)

かつての四天王寺

今日の大阪は雨。
いつだったか、四天王寺の門前で見た光景が忘れられない。
門の片隅に、広げた雨傘をテントのように組み上げて、中に人が居た。
半畳程のその場所がおっちゃんの住まい。
カラフルな雨傘の家は「ほんまにすごいな~」と目を引いた。

今はどうかは知らないが、以前は、四天王寺の境内で、ホームレスの人達が持ち寄りの食事会をすることもあった。
「中華屋の前で、この白菜、見つけたんや。ちょっと待っとけ、炒めたるわ」と小柄なおっちゃんは、白菜の葉を2枚持ち、自分の持ち物の中からフライパンを取りだした。
宴席の端には、卓上コンロもあった。
「この前は、お前におごってもろた。今日は、ちょっと入ったんや」と隣に座るおっちゃんに焼酎を配るおっちゃん。
おばちゃんが座の中に一人いて、夫々食べる準備ができたか確認していた。
偶然その場に出会ったとき、あまりに皆が和やかで、しばらく見とれていた。

|

« 突っ張り | トップページ | 見てしもた、聞いてしもた »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かつての四天王寺:

« 突っ張り | トップページ | 見てしもた、聞いてしもた »