« 大阪弁の台詞 | トップページ | たけしのTVタックル出演の方々 »

2007年3月 5日 (月)

低気圧と耳鳴り

耳鳴りがひどいと思っていたら、雨が降り出した。
階段からの落下事故で脳挫傷した際、左耳に繋がる聴覚神経がブツンと切れてしまった。
それから音の殆どは右耳で聞いている。
聞こえない左耳だが、耳鳴りは止むことなく続いている。
とは言え、大して気にしていない。

こういう状態になってまだ間がない頃、耳鼻科の受付をしている友人と町で出会った。
「ちょっと、えらい事故におうた(遭った)んやて?」
「うん。けど、もうええねん」
「そう。良かったわぁ。頭打ったって、その後、どうもないの?」
「いや、それがな、耳鳴りが…」
立ち話のまま状態を話すと、「あっ、それな、慣れるわ。うちに来る患者さんにそういう人いてんねん。けど、1年経ったら、みんな上手に気になれへんようにできるみたい」
「へぇ、どうやって?」
「うーん。どうやってって、うち、なったことないさかい、判れへんけど…できんねんて」
「ふ~ん」
と言って別れたが、たしかに1年ほど経つと、耳鳴りが気にならないようになった。
“慣れ”というより、“耳鳴りに向ける気持ちのスイッチのオン・オフを自在にできるようになった”、そんな感じだ。

|

« 大阪弁の台詞 | トップページ | たけしのTVタックル出演の方々 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低気圧と耳鳴り:

« 大阪弁の台詞 | トップページ | たけしのTVタックル出演の方々 »