« ビジネスメールのエチケット | トップページ | たいがい(大概) »

2007年2月24日 (土)

バリむかつく

梅田の横断歩道ですれ違った2人組の若い女性の一言が耳に残っている。
話の内容は判らなかったが、すれ違いざまに「ほんま、バリむかつく」と1人が言えば、「そうやんか、うちかて、この前、バリむかついてんで」ともう1人も大きく頷いていた。

『むかつく』は、「胃ぃがもたれて、むかつくねん」というように、“吐き気がする”ことをさしていた。
やがて、“腹を立てる”・“癪にさわる”という意味に使われるようになった。
その『むかつく』の上に『バリ』がつくと、「めちゃくちゃ腹立つわ~!」ということになる。
しかし、この『バリ』という言葉は、若者言葉。
私が生まれた昭和30年代には、こういう表現はなかった。
「いつ頃から耳にするようになったやろ?」と考えてみたが、最初は娘の話し言葉の中で聞いたような気がする。
それがいつだったのか判らない。
ただ、『バリ+動詞』の表現が、「嫌や!!」と強烈に感じたので、『こういう気持ちを“バリむかつく”とゆうんやな』と納得したのを覚えている。

|

« ビジネスメールのエチケット | トップページ | たいがい(大概) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バリむかつく:

» リカピン [リカピン]
リカピン [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 23時21分

« ビジネスメールのエチケット | トップページ | たいがい(大概) »