« せわしない(忙しない) その2 | トップページ | 情けなくて仕方がない時 »

2007年2月 4日 (日)

焼き肉屋

「あの、こって牛(特牛)みたいな人、元気にしてはるやろか?」と、急に大柄な知人の姿を思い出した。
“こって牛”という表現も、70代の父母の世代なら通じるだろうが、今は周囲でも殆ど聞かない。
“こって牛のような人”とは、のっそりして体の大きな人を言う。
「なんで思い出し出したんやろ?」と目の前を見たら、焼き肉屋の看板があった。
「焼き肉屋の看板から思い出すやなんて、気の毒やな」と苦笑いしたが、もっと気の毒に思うことがあった。

この店は入り口に、『雪国 8号』などと表記して、出している牛の名前を張り出す。
「今日は、雪国 8号なんや…この牛の肉が注文した人々の胃袋に…うん?この前は“みふも”とゆう名前やったのに。みふも、ぜーんぶ食べられたんや」
そんなことを考えていると、歩く速度が遅くなった。

|

« せわしない(忙しない) その2 | トップページ | 情けなくて仕方がない時 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼き肉屋:

« せわしない(忙しない) その2 | トップページ | 情けなくて仕方がない時 »