« バレンタインにざんない(慙無い)もんもなぁ… | トップページ | 映画『それでもボクはやってない』を見てから »

2007年1月29日 (月)

マリー・アントワネット

マリー・アントワネットと言えば、池田理代子の描く“ベルサイユのばら”で、「こーんな女性がいてはったんや。へぇ~」と、中学生の頃、掲載誌の週刊『マーガレット』で熱心に読んだものだ。

現在、ソフィア・コッポラが監督、キルステン・ダンストが主演で、映画『マリ-・アントワネット』が公開されている。
偶然つけたテレビで、その撮影風景や、監督や主演女優のインタビューを含めた1時間番組が放映されていた。
内容はさておき、ナビゲーター役の女性の話し言葉が気にかかる。
マリー・アントワネットの「マリー」の発音は、「ムァリー」に。
「とき(時)を越え」は、「とぅぉきを越え」と発音する。
彼女の声が耳に入る度、華麗な宮廷生活の映像が印象に残らず、1時間中、「けったいな(=おかしい)、けったいな」と感じながら過ぎてしまった。

小林克也の英語の発音は素晴らしく、「うちも、こんな風にゆうてみたい」と憧れ、尊敬している。
彼は、「radio」の英語の発音と、「ラジオ」の日本語の発音を決して一緒にしない。
日本語の「ラジオ」の時は、「ラ」も「ジ」も「オ」の音も明確に発音している。
ナビゲーターの女性もプロなら、こういう区別と意識を持って話してもらいたい。

|

« バレンタインにざんない(慙無い)もんもなぁ… | トップページ | 映画『それでもボクはやってない』を見てから »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリー・アントワネット:

» もれなくディズニーペアチケットがもらえるって?? [ディズニーリゾートペアチケットを無料でもらう裏技!!]
チャーリーです。 最近本当に忙しくててんてこ舞いです。 このままただ年を重ねるだけなんでしょうか(^^;) ときどき貯めたお金も使わないといけません(笑) でもできるなら安く遊びたいです というわけで今日紹介するのは情報商材ではなく JCBのカードです。 というのも今ならJCBのカードを作って そのカードを半年で12万...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 00時02分

« バレンタインにざんない(慙無い)もんもなぁ… | トップページ | 映画『それでもボクはやってない』を見てから »