« 新築マンション セールストーク | トップページ | ナットク日本語塾『さぶいぼ』 »

2007年1月16日 (火)

極上の月夜(ゲツヨル)“ヨイトマケの唄”

『極上の月夜』(ゲツヨル)で放送の美輪明宏 “ヨイトマケの唄”は、リアルタイムで聴いている。
まだ丸山明宏と名乗っていた美しい人は、当時8才のおませな女の子にも強烈な印象を与えた。
「こういう人がいてるんや」と、周囲の人々とはあまりにかけ離れた雰囲気に、憧れと恐怖を覚えた。

一緒に“ヨイトマケの唄”を聴いていた祖母に、「ヨイトマケって何?」と問いかけた。
「父ちゃんのためなら、エーンヤコォラ。も一つおまけにエーンヤコラァってゆうて、工事現場で女子(おなご)でも、男の人と混じってなぁ、そらもう一生懸命、綱の端持って」
現場の姿を実際に見たことがない孫に、ゼスチャーつきで教えてくれた。
この頃、祖母は80㎏近く体重があった。
正座をしたまま、綱を引っ張る真似をする格好は豪快で、「エーンヤコラ」と歌う姿は、幼くても胸に迫るものがあった。
「おばあちゃん、したことないけど、見てても、あれはきつい仕事やで。父ちゃんの為、子供の為と、ほんまに偉いなぁ」
「うん」
今でもこの歌が流れると、涙が滲んでくる。

|

« 新築マンション セールストーク | トップページ | ナットク日本語塾『さぶいぼ』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極上の月夜(ゲツヨル)“ヨイトマケの唄”:

« 新築マンション セールストーク | トップページ | ナットク日本語塾『さぶいぼ』 »