« しぶとい その1 | トップページ | はじめてのおつかい »

2007年1月 8日 (月)

畳の縁

「畳の縁(へり)を踏むもんやないで」と祖母に教えられた。
これは今でも気を付けている。
映画やテレビでも、和室のシーンで足下が映ると気になってしまう。

市川雷蔵主演の映画 『ぼんち』 は、船場の商家のぼんち(=坊ちゃん)の女性遍歴を描き、雷蔵は、ぼんぼんゆえの飄々とした生き様を演じている。
最も印象に残ったシーンは、雷蔵の祖母が、畳の縁を踏んで行くところだ。
祖母に続く主人公の母は、縁を踏まない。
祖母だけが許される行為を、サラリと強調しているこのシーン。「この家の主」・「この家の生きる法典」と言っているようで、見た瞬間ゾッとした。

「船場は、女系家族。働きもんで頭のええ奉公人を婿に入れて、優秀な遺伝子を残すようにした」と、何人もの人に教えて貰った。
この言葉が先のシーンと被り、ゾッとする気持ちは、より深くなる。

|

« しぶとい その1 | トップページ | はじめてのおつかい »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畳の縁:

« しぶとい その1 | トップページ | はじめてのおつかい »